医療機器

医療機器の昔と今の違いについて

30年ほど前の病院で使われていた医療機器は、今とは違い単純な仕組みの物がほとんどでした。体温計は測るのに5分近くかかり、聴診器はシンプルでしたがやや重い物が使われていました。血圧を測定する道具も、今ほど優れているとは言えない機械でした。
現代の医療機器には、脳内を調べられる機械や鼻の内部を綺麗にする機器、心電図を表示させる機械など、新しい製品が多数登場しています。どれも医療の現場に必要となる道具達ばかりで、日々活躍しています。
体温計は音を発するデジタルなタイプが使われるようになっています。聴診器も軽量化が進み軽くなったため、重さを感じずに患者の診察ができています。医療機器を製造するメーカーによる企業努力が実を結んだ結果です。
ハサミとメス、手術に使う糸については、今も昔もそれほど変化がないです。量産化が進んだので、購入に必要な費用が下がったのが変更点かもしれません。利用方法も手術専用なので、特に変わった点は見当たらないです。
レントゲン撮影も昔とそれほど変化なしです。患者の患部を撮影する方法からその結果まで、特にこれといった変更はありません。ただ、機械がやや軽量化したので、この点は評価すべき部分だと思われます。

new article

  • 医療機器は何処で購入できる?

    各病院にはそれぞれお得意先となっている専門の業者がいて、必要となった時に連絡を入れる仕組みです。例えば古くなったハサミや血圧機器があっ…

  • 医療機器の昔と今の違いについて

    30年ほど前の病院で使われていた医療機器は、今とは違い単純な仕組みの物がほとんどでした。体温計は測るのに5分近くかかり、聴診器はシンプ…

  • 最新の医療機器についての事

    最新の医療機器は、従来よりも軽量化や小型化している物が目立ちます。重量が大きく減ったのは輸血用のポンプや聴診器などで、日常的に使う道具…

  • 意外と知らない身近な医療機器の分類

    医療機器という言葉を聞けば、病院にあるX線撮影装置いわゆるレントゲンや人工呼吸器などのものを考えると思います。しかし、医療機器は病院に…

article list