医療機器

最新の医療機器についての事

最新の医療機器は、従来よりも軽量化や小型化している物が目立ちます。重量が大きく減ったのは輸血用のポンプや聴診器などで、日常的に使う道具を減量したため、医師の仕事のしやすさにつながっています。小型化の方は、超音波を使って診断する機器、体温計などにその影響が出ています。体温計は身体に触れるとすぐに熱を計測できるので、病院を利用する患者達に好評です。
外科手術に用いる内視鏡の方にも目新しい動きが見られます。最近開発されたのは、2D製品と似たような感覚で仕事に使える機器です。外科手術に活用すると、体内を観察しながら手術ができるため、今迄よりも効率的な仕事ができると評判になっています。重さも減っているので、軽量化にも成功したと判断できます。
通信機能付きの薬箱を開発した会社があります。薬を飲み忘れた人に対し、摂取を忘れないようにと教えてくれる機能があるため、利用者を助ける効果が期待できます。他にも薬の残量について知らせる要素もあり、生活の支えになっています。
日本は製品を軽量化させる技術が、世界のどの企業よりも優れていると言われています。医療機器面でもこの動きは顕著となっており、昔よりも小型化した機器の姿を多く見かけます。技術をそのまま維持しつつ、小さくするのは素晴らしい事なので、大いに評価して良いでしょう。

new article

  • 医療機器は何処で購入できる?

    各病院にはそれぞれお得意先となっている専門の業者がいて、必要となった時に連絡を入れる仕組みです。例えば古くなったハサミや血圧機器があっ…

  • 医療機器の昔と今の違いについて

    30年ほど前の病院で使われていた医療機器は、今とは違い単純な仕組みの物がほとんどでした。体温計は測るのに5分近くかかり、聴診器はシンプ…

  • 最新の医療機器についての事

    最新の医療機器は、従来よりも軽量化や小型化している物が目立ちます。重量が大きく減ったのは輸血用のポンプや聴診器などで、日常的に使う道具…

  • 意外と知らない身近な医療機器の分類

    医療機器という言葉を聞けば、病院にあるX線撮影装置いわゆるレントゲンや人工呼吸器などのものを考えると思います。しかし、医療機器は病院に…

article list