医療機器

意外と知らない身近な医療機器の分類

医療機器という言葉を聞けば、病院にあるX線撮影装置いわゆるレントゲンや人工呼吸器などのものを考えると思います。しかし、医療機器は病院にあるものだけではありません。家庭用マッサージ器なども医療機器に含まれます。医療機器の分類は大きく分けて3つあるので紹介していきます。
まずは一般医療機器です。これはクラス1ともいわれます。これは経腸栄養注入セットや手術用不織布、X線フィルム、ネブライザ、血液ガス装置などです。
次に管理医療機器です。これはクラス2です。これには、X線撮影装置、吸引カテーテル、フォーリーカテーテル、補聴器、コンドーム、家庭用マッサージ器、心電計、注射針、採血針などがあります。
最後に高度管理医療機器です。これはクラス3とクラス4に分かれています。クラスⅢには、人口透析器、輸血ポンプ、人工骨、人工呼吸器、人工心肺装置、成分採血装置などがあります。クラスⅣには、ペ-スメーカ、人工血管、吸収性体内固定用ボルトなどがあります。
医療機器には様々な種類のものがあり、使用における安全上のリスクや目的や用途などの種別により、分類されています。みなさんがよく目にするもの使用しているものがあったのではないでしょうか。

new article

  • 医療機器は何処で購入できる?

    各病院にはそれぞれお得意先となっている専門の業者がいて、必要となった時に連絡を入れる仕組みです。例えば古くなったハサミや血圧機器があっ…

  • 医療機器の昔と今の違いについて

    30年ほど前の病院で使われていた医療機器は、今とは違い単純な仕組みの物がほとんどでした。体温計は測るのに5分近くかかり、聴診器はシンプ…

  • 最新の医療機器についての事

    最新の医療機器は、従来よりも軽量化や小型化している物が目立ちます。重量が大きく減ったのは輸血用のポンプや聴診器などで、日常的に使う道具…

  • 意外と知らない身近な医療機器の分類

    医療機器という言葉を聞けば、病院にあるX線撮影装置いわゆるレントゲンや人工呼吸器などのものを考えると思います。しかし、医療機器は病院に…

article list